ENTRY

ENTRY

エントリー
メインビジュアル
PR WOMAN

PR WOMAN

活躍している女性社員が多いネタもと。
その中でも一際輝く桂田さんにインタビュー!
女性ならではの目線で色々語って頂きました!

  • 桂田

    桂田

    部署:メディアリレーションズ部 アシスタントマネージャー
    入社5年目

    みんなの頼れる桂田ねーさん!おしゃれ番長ともいわれる女性社員の憧れ的存在です

Q.仕事内容を教えてください。

  • 桂田
    私の所属している「メディアリレーションズ部」(以下:MR部)はテレビ局や新聞社、雑誌社のデスクや記者の方に向けてサービスを紹介するのが仕事です。サイトには様々な業界の企業が、報道関係者に向けた情報を登録しています。その中で欲しい情報を探し切れない場合は、代わりに情報収集もします。メディアが求めるあらゆるニーズにお応えすることができますので、報道関係者の皆さんと定期的に連絡を取り、何でも気軽に相談していただけるような信頼関係を築くのが大切です。

Q.MR部のやりがいと大変なところを教えてください。

  • 桂田
    やりがいは、報道関係者との人脈を作ることができ、自身の知識向上や成長にもつながるところです。あとは、掲載・放送された際の反響も大きく企業・報道関係者の両側面から感謝されるのもMR部の特徴です。
    大変なのは、世の中に影響を与えるような情報に常にアンテナを張り、媒体に合った情報を紹介すること。併せて、既存媒体以外にもテレビやWEBメディアなど新規媒体の発掘を行い、報道関係者との信頼関係を築いていくことも大切です。

Q.どんな会社ですか?

  • 桂田
    一言でいうと、女性が活躍している、活躍できる会社です。
    3:2の割合で女性の社員が多く、男性社員と分け隔てなく仕事を任されています。女性でもキャリアを積めますし、やりたい仕事は何でも挑戦させてくれます。
    女性が多いと聞くと、皆さん陰険なイメージを持たれるかもしれませんが…
    女性は自分の意見をしっかり伝える強い人が多いので、イメージとは正反対かもしれません。

Q.この会社に入社したきっかけを教えてください。

  • 桂田
    学生時代からアパレル業界で仕事をすることを志望しており、前職では希望の職種・会社で働いていました。しかし2011年に起きた東日本大震災の影響で取引先の会社が倒産するのを目の当たりにしたり、衣料品が売れず業界全体が傾いていくのを実感することで、仕事について見直すきっかけになりました。
    今までアパレル業界に絞っていましたが、どの業界にも飛び込めるPR関連の営業職を探してこの会社に出会いました。

Q.これからの目標を教えてください。

  • 桂田
    仕事では、報道関係者の方が更にPRPを使ってもらいやすい環境にしていくこと。プライベートでは、習い事の書道を継続していくことです。

Q.就職活動中の学生さんにメッセージをお願いします。

  • 桂田
    社員それぞれの活躍を社長や幹部が身近で見ています。
    与えられたことだけをやっていては、残念ながら誰も評価してくれません。その分、ひとりひとりの力が会社を大きくしていくやりがいが感じられます。
    ですので、周りの同級生よりも早く成長したい方や、会社を一緒に大きくしていきたい、1年目からバリバリ仕事をしたい方は一緒にお仕事をしましょう!