RECRUIT社員インタビュー

INTERVIEW

ビジネスプロデュース部
部長

I.Kさん

入社

2017年

「ネタもと」に入社した決め手は?

「ネタもと」に入社した決め手は?

会社説明会で弊社代表の本村が「会社の看板無しに生きていける人になれ!」と言っていたことが、僕の心にすごく響きました。僕は、将来経営者になりたいと思っているので、まずは色々な企業や経営者と繋がる必要があると思っていました。就職活動で色々な企業を回りましたが、業種、業界に関わらず、色々な企業や経営者にアプローチができる会社は「ネタもと」しかありませんでした。先ずは「ネタもと」で基礎的な営業力と人脈を身に付けようと思い、入社を決めました。

仕事のやりがいは?

僕は新卒入社3年目で部下を6人持たせていただいてますが、部下の案件に同行した際に、その場で受注契約が取れた時は本当にやりがいを感じます。部下の為に、会社の為に、一件、一件、大切に受注契約を取ったということが、自分を強くしてくれ、モチベーションが上がります。部下の商談を横で見ている時に、部下の成長を実感することができた瞬間も本当に嬉しく、やりがいを感じます。部下が一人で受注契約を取ってきた時は、今までの苦労が吹っ飛びますね。部下には一日でも早く一人前になって、リーダー、マネージャーになってもらえるように、日々張り切ってマネジメントしています。

将来の夢は?

僕は、将来経営者になることを目指しています。まだ漠然とした構想しかないですが、その志は学生の時からずっと持っています。そのために「ネタもと」で、人材育成のマネジメント力をしっかり身に付けて、30歳までに執行役員になり、経営者の立場で会社の数字や仕組みを勉強したいと思っています。経営をすることは、そんな簡単なものではないことは重々理解していますので、「ネタもと」で出来る限りの経験と実績を積んで羽ばたきたいと思っています。

未来の仲間にひと言

今の時代は、ずっと会社に守ってもらえるような時代ではなくなり、一人一人が営業スキルを持っていたり、商品をPRするスキルを持っていたりと、個人のスキルや実力が試される時代です。「ネタもと」は、一人一人の力をしっかりと養っていける環境があることが強みです。僕は、会社の皆が成長して、それこそ会社の看板無しに一人で堂々と歩んでいけるような集団になればと願っています。プロフェッショナルを目指そうという志のある方は是非一緒に働きたいですね。

その他の社員インタビュー