実績紹介

Works

利用企業・団体の声

メディアの本音が広報戦略の手がかりに

「ネタもと」の利用をはじめてから、いままで付き合いがなかったメディアとも交流が始まりました。メディアセミナーは、本音が聞けるので、毎回大変勉強になっています。どのように番組や紙面をつくっているのかを知ることで、広報戦略の手がかりや付き合い方のヒントになっています。 人材サービス A社

メディアに刺さるネタづくりを勉強会で習得

B2B企業のため、プレスリリースのネタづくりに困っていました。「ネタもと」の勉強会では、どのようなネタに記者が反応するか、思わず読みたくなるようなタイトルのつけ方など、実践的な内容でとても勉強になっています。 広報初心者でもわかりやすく実務のポイントを教えてもらい役立っています。 システム開発 C社

記者の「欲しい」に応えて大きな反響

リクエスト機能は、メディアが求めているものに対して的確に情報提供できるため、掲載の可能性があがります。 当社は新聞のリクエストから社長インタビューが掲載になりました。 さらに、それを見たテレビ制作会社からお問い合わせがあり、人気の情報番組でも放送につながり、大きな反響となりました。 食品メーカー B社

広報担当者がいなくても積極的な広報活動が展開可能に

本格的に広報活動をはじめたいと考えていましたが、PR業務を任せられる人材がいなかいことや、新製品や新サービスが少ないのでPRネタをつくれる自信がありませんでした。 そこで、オプションサービスの「広報担当者サポートサービス」を導入したところ、PR活動をすぐに立ち上げることができ、積極的な広報に取り組むことができました。 また、「ネタもと」のPRアドバイザーに、当社の広報担当者の育成も任せられるので、早く広報部門も組織化することができそうです。 アパレル F社

広報活動を見直すきっかけに

「ネタもと」を導入したことで、当たり前のように行ってきた広報活動を見直すきっかけになりました。 特に、当団体では、プレスリリースの書き方や情報発信のしかたなど、勉強会やセミナーで改めて、団体における広報活動の重要性を見直しています。 勉強会には、多くの広報担当者が参加しているので、他社との情報交換もでき、とても役立っています。 社団法人 E社

広報初心者でもSNSの感覚で情報をアップできメディアに掲載されて拡散

広報初心者のため、多くのプレスリリースを出すのは難しいため、「ネタたね」や「企業探訪」のコーナーを利用して、SNSを書く感覚で情報をアップできるため、多くの情報発信ができています。 特に、人の取材では掲載された社員のモチベーションが上がったり、採用活動に役立ったり、リリースではできなかった成果が出ています。 ITベンチャー D社

報道関係者(メディア)の声

新鮮な情報が一堂に集積されているので毎日ルーチンでチェック

日々トレンドを把握するために新着リリースをチェックしています。1つのコーナーをつくるのに、3~4社の情報が必要なので、多くの企業・団体の情報が集まっている「ネタもと」はとても便利です。 企画会議の前には、必ずチェックするのが癖になっています。 テレビ情報番組 ディレクター

ネタのリサーチのための効率的な情報収集ツールとして利用

特集コーナーをつくるのに「ネタもと」は、ほんとに便利です。その特集内容に合わせて、時間がない中で情報を探すとき、幅広い企業・団体の情報を見られるはとても魅力的です。 以前、急な取材対応でも、リクエスト機能からスムーズに情報を得ることができ、それ以来、とても便利な情報収集ツールとしてスタッフに使わせています。 テレビニュース番組 ディレクター

リクエスト機能でリリースになっていない情報も入手

大手企業から中小企業まで、幅広く記事を書くためには、多くの情報を収集しなければなりません。 「ネタもと」は、まだ知らなかった企業・団体の情報も多いのがメリットです。 プレスリリースになっていない情報も、リクエスト機能を利用できるので重宝しています。 全国紙 経済部記者

企画に合わせた情報収集に便利

「ネタもと」は、多岐にわたる業界・業種の情報が集まっているので、まさに『ネタの宝庫』です。 毎号、特集に合わせて情報を集めるのに苦労していましたが、「ネタもと」を活用して企画に合わせた情報を広く探すことができています。 特に、キーワードやカテゴリ・ジャンル検索は、デジタルサービスならではの機能として充実しており便利です。 ビジネス誌 編集者

ネタたね・企業探訪コーナーから「ここだけ話」を情報収集

日にかなりの数の記事を書いているので、多くの情報のたねが必要です。 「ネタもと」の中でも「ネタたね」のコーナーには、リリースにはない情報が蓄積されていて、ここでしか得られない裏話や開発ストーリーがあり、貴重な記事の情報源になっています。 また、「企業探訪」のコーナーにも経営者の秘話や企業・団体のユニークな制度などの情報が溢れていて助かっています。 ネットニュース ライター

「ネタもと」はメディアの可能性を広げてくれる

「ネタもと」はメディア目線でサイトを運営している他にはないサービスだと思います。 企業・団体からの一方的な情報発信だけではなく、好きな時に情報収集ができ、検索やリクエスト機能、追いたいジャンル機能など、大変便利なツールで重宝しています。 「ネタもと」はメディアの可能性を広げてくれる心強いサポーターです。 WEBメディア 編集長