NEWSお知らせ

【ライブ対談】 オーダースーツSADA 社長が明かす メディア露出が途絶えないスーツ屋になれた理由

「メディアに取り上げられるには、どうすればいいのか」
多くの企業が切望する中、およそ10年間に渡りメディアからオファーを受け続けている企業があります。

それが、1923年(大正12年)に創業し、日本の紳士服製造卸、紳士服受注・縫製、オーダー紳士服、ユニフォーム受注・製造・販売を行う、株式会社オーダースーツSADAです。

この度、2024年2月6日(火)15:30‐16:30にて株式会社オーダースーツSADA 代表取締役社長 佐田展隆氏をゲストにお迎えし、当社代表本村との対談ライブウェビナーを開催いたします。

同社は、今から10年前の2013年12月1日 にネタもとのサービス利用を開始。中小企業においては、社長自ら広報活動に積極的かどうかが成功の重要な鍵を握ると言われますが、オーダースーツSADAでは、佐田社長自ら「ネタ作り」に取り組み、広報にコミットメントすることを体現。
「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」など、経営者が「一度は出たい」と願うテレビ番組を含め、数えきれないほどのメディア掲載を獲得しています。

今回は、多忙を極め、なかなかお目にかかることができない、オーダースーツSADAの佐田社長をゲストにお迎えし、なぜ社長自らここまで広報活動に注力するのか、どのようなことを行ってきたのか、それによって得られた成果など、経営者ならぜひ聞いてみたい貴重なお話を、初公開いただきます。
ライブでの開催、ウェビナー当日は直接、佐田社長や当社本村に質問ができるこの機会を、ぜひお見逃しなくご参加ください。


詳細はこちら

前へ
お知らせ一覧へ戻る
次へ