Mind- 精神 -

Mind

会社の看板なしに家族や
大切な人を守れる人に

  • 『会社の看板なしに家族や大切な人を守れる人
    =プロフェッショナル』

    真のプロフェッショナルとはお客様に付加価値を提供し利益(お客様と自社)をもたらすことができる人、すなわち経営者感覚を持った人。

    01

    『会社の看板なしに家族や大切な人を守れる人=プロフェッショナル』
  • 『全員が営業マインドと営業スキルを持つ』

    プロフェッショナルの根底には全員が営業マインドと営業スキルを持つべきという想いが込められており、自分を売り込む営業力は全てのビジネススキルの基盤になると考えている。
    ネタもとにおける営業力には
    ①経営者との人脈形成
    ②PRのノウハウ
    ③マネジメントスキルが含まれている。
    これらを身に着けることで、会社の看板無しに家族や大切な人を守れる人になる。

    02

    『全員が営業マインドと営業スキルを持つ』
  • 『お給料をもらって学ぶことができる』

    学生はお金を払って学んでいるが、社会人はお給料をもらって学ぶことができる。仕事を通して学び、そして成長し成果を出す。
    だから、ネタもと社員になるということは成果を見越した先行投資であり、会社と個人の契約である。この投資には【感謝・愛】の心を持ち、成果で貢献することが重要となる。

    03

    『お給料をもらって学ぶことができる』

Core Behaviors- 行動指針 -

Core Behaviors

すべては行動指針への
共感から

  • 1 大志

    大志を抱いて未来にはばたく

    大志を抱いて未来にはばたく

    すべては志ひとつで始まります。大きな志を抱き、
    それに向かって努力することで飛躍的に成長することができます。

  • 2 アンテナ

    いつでも”時代(とき)のアンテナ”に

    お客様のベネフィットを共に考えます。
    ベネフィットに集中して入れば、それがプロフィットにつながります。

  • 3 創造

    ないものを創ればいい

    柔軟な発想でお客様、社会への価値を考えます。
    今までにない新たな価値を創造し続けます。

  • 4 挑戦

    チャレンジ+ing!

    既成概念にとらわれず、失敗を恐れずに、常にチャレンジしていきます。
    チャレンジすることで一人ひとりが成長し、一人ひとりの成長が、すべての成長につながります。

  • 5 タフさ

    タフでなければならない

    七転び八起き。
    折れないココロとカラダで前向きに取り組みます。

  • 6 実現力

    「Realizeする」を当たり前に

    実現するにはどうすればいいのか。アタマを使って、カラダを使って、ココロを使って、そしてお客様と仲間とともに行動して初めて実現できるのです。
    実現するまで、諦めずにやり続けます。

  • 7 ベネフィット

    プロフィットだけでなくベネフィットを

    お客様のベネフィットを共に考えます。
    ベネフィットに集中して入れば、それがプロフィットにつながります。

  • 8 学び

    学び面白い!

    プロフェッショナルとして、知識を身につけ実践から学びます。 学びから成長する喜び、学びを共有する喜び。学びは面白い。

  • 9 協力

    惜しみない協力

    一人ひとりの力は小さくても、仲間の力が集結したとき、 成果は何十倍にもなります。 周りとコラボして、協力を惜しまず、常に感謝を忘れません。

  • 10 感謝・愛

    すべてに感謝と愛を

    社会、お客様、サービス、会社、家族、仲間、わたし・・・。
    すべてに感謝と愛を。

Message

Message

豊かな人生を
送るために
ビジネスに充実を

ネタもとなら営業力、人脈、PRノウハウ、マネジメント力が身に付き、
会社の看板なしに家族や大切な人を守れるプロフェッショナルになれる。

  • 01

    Career

    “ 会社の看板なしで活躍 ”

    会社の看板なしに家族や大切な人を守れる人=プロフェッショナルになる。

  • 02

    Team

    “ 大志を抱く、意識の高い仲間 ”

    ビジネス・プライベート双方で大志を抱き、実現に向けて本気で挑戦する仲間と共に。

  • 03

    Business

    “ 人の想いを発信する仕事 ”

    PRの本質はサービスを紹介するだけではなく、企業・団体・個人が社会に対する存在価値や魅力を発信すること。

Career Vision- 未来像 -

Career Vision

1人のプロフェッショナルが生まれるキャリアステップ

  • ビジネスプロデュース部

    ビジネスプロデュース部

    Business Produce

    企業・団体・学校などへ広報PR支援サービスを提案する新規開拓セクション。

    フィールドセールス(電話営業など)に加え、近年はインサイドセールスも導入。会社や社員、商品・サービスの「ファンづくり」のお手伝いをする、社会貢献度の高いお仕事です。入社後には、社内研修や年齢が近い先輩に同行し業務の基本を丁寧に教えてもらえるので未経験でも安心して働けます。

Career Plan

  • 1年目

    一般社員

    4月からすぐに営業として活躍。年間300社もの商談により営業力が研ぎ澄まされる。

  • 2年目

    リーダー

    営業力をみがきながら、少しずつ部下を持ち始めマネジメント力を高め始める。

  • 3年目

    マネージャー

    部下を持ちプレイングマネージャーとして活躍しながら、少しずつ経営目線を持ち始める。

  • 5年目

    部長

    部下のマネジメントに加え、経営に参画。プロフェッショナルであると共に、経営スキルをみがく。

  • 7年目〜

    役員

    経営陣として会社組織を運営。事業創造や組織づくりなど幅広く実践力をみがく。

  • ビジネスプロデュース部で営業、リーダー、マネージャーと成果を出し続け3年で部長へ

    Case 01

    ビジネスプロデュース部で
    営業、リーダー、マネージャーと
    成果を出し続け3年で部長へ

    成長の軌跡

    • 最初は努力と結果がなかなか結び付かず、悩んだ時期もあったし諦めそうになった事もあった。
      志の高い方々と出会った事をきっかけに自分で決めたことを何が何でもやり切ることの大切さに気付いた。

    • ひたすら自分のため、チームのために。そして自分についてきてくれるビジネスプロデュース部のために責任を与えてくれる会社とついてきてくれる仲間たちが今の自分になるまで成長させてくれている。

  • ビジネスプロデュース部での2年9か月を経て人事部へ

    Case 02

    ビジネスプロデュース部での
    2年9か月を経て人事部へ

    成長の軌跡

    • ビジネスプロデュース部では営業力が鍛えられ、数字責任を持つことで自責で考える癖がついた。また経営者との人脈ができ、マネジメントについて学ぶことができた。

    • 人事部では会社全体のことを考える機会が増え視野が広がっている。また、対象が企業から学生へと変わったことで、より分かりやすく自社の強みを伝える力が鍛えられている。

  • ビジネスプロデュース部での1年を経てメディアリレーションズ部へ

    Case 03

    ビジネスプロデュース部での1年を経て
    メディアリレーションズ部へ

    成長の軌跡

    • ビジネスプロデュース部では数字と向き合う重要性を学び、チームで協力することの大切さ、そこから生まれる絆のために頑張ろうと思えるようになった。

    • メディアリレーションズ部での日々の学びの中で、企業の事業内容を見れば瞬時にメディアに刺さる切り口が思い浮かぶようになってきた。また、ニュースを見る癖がついたことでトレンドに敏感になっており、公私に活きている。

  • ビジネスプロデュース部での2年6ヵ月を経てカスタマーサクセス部へ

    Case 04

    ビジネスプロデュース部での
    2年6ヵ月を経てカスタマーサクセス部へ

    成長の軌跡

    • ビジネスプロデュース部では様々なタイプの経営者との関わり方を学び、関係性を築けたのと同時に目標達成能力が身についた。

    • カスタマーサクセス部ではトレンドや社会情勢に敏感になったことで、顧客ファーストな思考が磨かれている。

  • 私たちと一緒に
    PRの未来を作りましょう。

  • ENTRY

    Entry