A・N

ビジネスプロデュース部 リーダー

  • 2018年 新卒採用

会社の駒の一つではなく、
私の成長が会社の成長に。

『 私のしごと 』

認知拡大に貢献し続ける日々。

PRは一般的に大手が実施するイメージがあるが、中小・ベンチャー企業や地方企業などのほうがPRを必要としているケースが多くあるんです。社会には、取り扱うサービスや会社そのものの認知拡大に課題を感じている企業や、採用の強化を行いたいが、知名度が無く困っている企業が本当に多く存在しています。

そういった、ブランディングに課題を感じている企業に対し、PRサービスの魅力を伝え新規開拓営業を行っています。

『 始まり 』

Episode 1

結果次第でどこまでも評価してもらえる環境。

年功序列ではなく結果次第で評価してもらえる環境や、一年目から活躍できる環境を探していて出逢ったのがネタもとでした。始まりはそこでしたが、社員の方々のあたたかく、愛情たっぷりの雰囲気に惹かれ入社を決めました。

入社後は、自分が想像していた何倍も成長できる環境がありました。研修もしっかりと行ってもらえたので入社してすぐに実務に取り組むことができました。入社して一か月で初契約を獲得できたときは本当に嬉しかったです。

『 やりがい 』

Episode 2

キラキラの裏側にある大変さ。

PR会社はキラキラしているというイメージがあったが、実はとても泥臭く、大変な仕事ばかりでした。入社後すぐに実績をあげることができたものの、営業で2か月まったく結果が出なかったこともありました。自分の何が悪いのか、どうすれば結果が出せるのか、本当に辛く苦しい時でした。でも、そんなときにあたたかく、本気で向き合って助けてくれる先輩たちがいたんです。今の私がいるのはそんな先輩たちのおかげです。

私が一番嬉しかったのは、リーダーになって初めての部下の案件を契約に繋げられたとき、自分で自分の案件を提案するときよりも緊張したし、心の底から嬉しかったです。

『 メッセージ 』

Episode 3

将来活躍したいと願う君へ。

ネタもとでは、PRの知識だけではなく、どこでも通用するような営業力や人脈を得ることができます。社員同士もとにかく仲が良く、活気があって、お互いに切磋琢磨しながら毎日を過ごし、仕事も全力、遊びも全力、そんなメリハリのある会社です。

私は、これからもっともっと、自分の市場価値を高め、クライアントから「ネタもとにではなく中野さんにお願いしたい。」と言ってもらえる、プロフェッショナルとして活躍し続けられる人材を目指し続けます。ぜひ、ネタもとで志高く一緒に働きましょう。

  • 私たちと一緒に
    PRの未来を作りましょう。

  • ENTRY

    Entry