K・K

管理部 リーダー 人事・採用責任者

  • 2018年 新卒採用

この人のために頑張りたい、
そんな想いであふれる会社に。

『 私のしごと 』

採用がゴールではなく、高め合える関係性がゴール。

ビジネスプロデュース部ではお客様に付加価値が提供できている、と感じられる瞬間がとても多く「ネタもとのおかげでPRを成功に導くことができた」といった喜びの声をいただくたびに、営業を頑張って良かったと感じていました。契約に繋がらなくても「自社の課題に気づけた」「加藤さんのおかげでPRの必要性に気づけた」など、私をきっかけにお客様が新たな価値を感じてくれたときは嬉しかったですね。

現在は、やってみたいと思っていた人事という仕事に挑戦をさせてもらっています。ビジネスプロデュース部で得た営業力やお客様と接した経験が、強く活きていると感じます。採用において大切なことは、いかに相手の本音を引き出し、お互いの未来のために本気でぶつかり合いながら自社の魅力を正しく伝えることができるかだと考えています。

数集めではなく、仲間集め、採用がゴールではなく、互いに高め合える関係性の継続こそがゴール、人事という仕事はまさに営業といえるのかもしれません。

『 始まり 』

Episode 1

かけがえのない仲間に出逢える場所。

将来こうなりたいと思うキラキラした女性が「ネタもと」にはたくさんいました。初めて会社を訪れたとき、フィーリングが合うと直感で感じたんです!どういう仕事をしたいかより、どんな人たちと働きたいかが私の就職活動の軸でした。内定をもらう前に先輩社員と話す機会があり、その際、ネイルや化粧や服装など特に何も言われないという自由な社風であることが分かり、仕事をしながらも自分らしくおしゃれを楽しみたい私にとっては決め手のひとつになりました。

社員同士が仲が良く、絆が深く、そして社内の雰囲気がとても良く、先輩・同期・後輩関係なくランチに行ったり飲みに行ったり、休日までも一緒に遊んだり。これから先一生付き合っていきたいと思える仲間に出逢えました。仕事がうまく行かなくて悩んだ時期もありましたが、仲間のおかげでここまでこれたと思っています。

『 やりがい 』

Episode 2

仲間のために本気の組織。

2年目で初めて部下を持ち、3年目では新卒含め最大5人の部下を持ちました。私のチームメンバーの一人がなかなか結果が出ない時期があり、『前向きに努力をしてくれているのに・・・自分の責任だ』という思いで、その時期は毎日焦りと不安とで葛藤の日々でした。その子が初めて受注が決まったときは心の底から嬉しかったですね。そのときは初めて会社で泣いてしまいました。初めての涙が、嬉し涙で、人のために泣けた、皆と一緒に泣けた。ということは誇りです。

人事としては、ネタもとで働いていてよかった、と感じてくれている社員がいること、そして内定承諾をしてくれた学生が「加藤さんが決め手でした」と言ってくれたとき、私が面接をした学生が、入社をし結果を出し成長、活躍している姿を見たときに喜びを感じています。

『 メッセージ 』

Episode 3

同年代と差をつけたければネタもとへ。

一年目から営業で即戦力として働ける環境ということは入社前に聞いていましたが、実際に営業をスタートしてから、自分がこんなにも早く成長できるとは思っていませんでした。大変なことや壁にぶつかることも多くありますが、それ以上に楽しいことや嬉しいことが多い会社です。
年齢や社歴に関係なく、結果を評価してくれて役職につくこともできますし、社長との距離も近く、毎日学びの連続です。

こんな環境、他にはありません。圧倒的な速さで一緒に成長しませんか?

  • 私たちと一緒に
    PRの未来を作りましょう。

  • ENTRY

    Entry